心配していた事が起きてしまいました。気温が高く雨が降ってばかりで、湿度も高く柿がカビてしまいました。扇風機で風を送ったり、アルコールを吹き付けて殺菌したりしたのですが、すべて水の泡、やはり甲州名物 ”空っ風”(北風)が吹いて、気温が低く乾燥していないとだめですね。すべて廃棄です、今年はあきらめです。残念!!
P1030812

P1030816
柿の廃棄は堆肥の材料とします。
この現象は、どこの干し柿の加工所でも同様の現象が起きており、今年は干し柿が食べられなくなりそうです。