今年の葡萄は、朝晩の寒さと水不足などがたたって例年より1週間から10日ほど遅れていました。やっと摘粒が終わり、2回目のジベ処理が終わりました。摘粒前の状態が下の写真です。

摘粒専用のハサミで巨峰の場合1房35~40粒になるように多い分を切除します。

結果、下の写真のように、すきずきした感じに仕上げます。

今年は、この作業を、3000~4000房分実施しました。

大変な作業でした。順調に育ってくれることを祈るばかりです。